スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
運命のボタン
運命のボタン
★★


役者は好演


リチャード・マシスンの原作は20ページ程のショートショートで、人間の倫理感をストレートに問うものだ。
発表は1970年だが、物語の時代設定は特定されていない。
その舞台をNASAが火星探査を始めた1976年に設定し、SF的アレンジを加えたのは面白い。
宇宙人というキーワードが出てくると「トンデモ映画」のレッテルを貼られがちだが、主人公の夫の職業に絡めて時代背景を丁寧に描いているので、ギリギリの所でリアリティが保たれている。

しかし、倫理感を試されるという原作の要素と、NASA関係者に対する宇宙からの警告とを両立させようとしたために無理が生じている。
「従業員」と呼ばれる工作員を送り込み、あの手この手でボタンを押すように仕向けるのはフェアじゃないし、警告を与えるという意味では回りくどい上に不確定要素が多い。
ループ構造にした点も含めて、つじつまあわせの脚本になってしまっている。

欲望に負けてボタンを押した主人公は最後、他人の為に自分の命を犠牲にできるか?という選択を迫られるが、結局、自分はこれで赦されるのか?という自分本位の考え方に終始している。
これも、夫に殺させないと話が成立しないという、つじつまあわせの為だ。

話を複雑にしたせいで、テーマがボヤけてしまった。




スポンサーサイト

テーマ:ミステリー・サスペンス - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
【{/m_0167/}=23 -8-】 昨日は大津で交通政策に関する大勉強会、夜の懇親会は大広間で300人近くが一堂に会してってなので、たいへんな迫力だった。 そんな大人数での宴会ってのはお膳に出された会席料理が多いが、俺はいつも乾杯から最初の10分くらいでとりあえずのお膳?...
2010/05/31(月) 09:49:50 | 労組書記長社労士のブログ
 『私の中のあなた』で好演したキャメロン・ディアスが出演するというので、『運命のボタン』を日比谷のTOHOシネマズ・スカラ座で見てきました。 (1)映画は、1976年12月 のある日、ルイス家のノーマ(キャメロン・ディアス)が呼び鈴に応じて入口のドアを開けると、...
2010/06/02(水) 07:44:56 | 映画的・絵画的・音楽的
あるテレビ番組を観ていたら、 映画評論家とか映画監督がいくつかの映画を採点していて、 これ、酷評だったんですよ。( ^ _ ^; その様子を配給会社の人たちが 陰で見ているのですが、 気の毒になってしまうくらいでした。 私もいつも言いたい放題なのでちょっと...
2010/06/23(水) 03:57:32 | 映画、言いたい放題!
作品情報 タイトル:運命のボタン 制作:2009年・アメリカ 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン あらすじ:ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェー?...
2010/10/28(木) 02:31:28 | ★★むらの映画鑑賞メモ★★
<運命のボタン を観ました> 原題:The Box 製作:2009年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 キャメロン・ディアス主演のサスペンス。 リチャード・マシスンの短編小説が原作です。 決して裕福ではない、ノーマとアーサー夫婦の元に赤いボタンが付い?...
2010/11/20(土) 22:26:38 | ★紅茶屋ロンド★
copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。