スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第9地区
第9地区
★★★★


『アバター』は志願兵、『第9地区』は徴集兵


『エイリアン・ネイション』の世界で『ザ・フライ』が『ダンス・ウィズ・ウルブズ』する映画。・・・というのは冗談だが、言われているような「目新しさ」はない。

しかし考えさせられる内容だ。
異星人はアパルトヘイトにおける黒人を表している。
MNUと異星人の関係は、生体実験などのおぞましさからもナチスとユダヤ人の関係をも匂わせる。


支配する側だった主人公が、される側の立場に逆転した時に、初めて見えてくる現実。
そして、そういう状況に置かれた時に人はどんな行動を取るのか?

ある面で『アバター』と同じテーマを扱っているのだが、あそこまでヒーローしない主人公がリアル。
『アバター』との大きな差は、志願兵か徴集兵かの違いだろう。
本作の主人公はヒロイズムを排した普通の人物として描かれており、心の弱さからくるであろうとんでもない言動も多々見られる。
前半部分でその辺りがしっかり語られるので、その後の展開に説得力がある。

しかし、指令船を作動させる時に主人公がクリストファーを殴り倒して自分だけ乗り込むのはちょっとやり過ぎ。自分で動かせると思うのも不自然だ。
また、主人公がピンチを切り抜ける時に「運」に助けられる場面が多いのも気になる。
これらのせいで、予期せぬ展開というよりは、目的地に向かって川の流れを強引に変えているような脚本に感じられるのが惜しい。


とは言え、それを補って余りある程の魅力に溢れている。

通常のドラマ映像に、ニュースやインタビュー、MNUの記録、監視カメラなど、様々なドキュメンタリー的映像をモンタージュする手法が、刺激的で強烈な印象を残す。




スポンサーサイト

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
[第9地区] ブログ村キーワード  これは、今までに吾輩が見たことのない類の映画でございました。「第9地区」(ギャガ GAGA★)。いやあ、ホントに衝撃的な映画でしたわ。  南アフリカ、ヨハネスブルグの上空に、突如巨大な宇宙船が飛来。何日経っても静止したままの...
2010/04/24(土) 01:04:04 | シネマ親父の“日々是妄言”
今週の平日休みは、久しぶりにシネコンに行った気がする。 ららぽーと横浜で、話題作2本を鑑賞。 その1本目。
2010/04/24(土) 02:40:01 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
 「第9地区」を鑑賞してきました南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロンカンプ監督が、ピーター・ジャクソンの全面バックアップで長編デビューを飾り全米でサプライズ大ヒットを記録...
2010/04/24(土) 05:57:29 | 日々“是”精進!
舞台は、今年ワールドカップサッカーが開催される南アフリカ共和国のヨハネスブルグ。突如姿を表した異星人の乗る宇宙船。宇宙船は、一向に立ち去る気配を見せず、宇宙船に乗っていた異星人達は、「難民」として“第9地区”に隔離・収容される。そしてそれから28年後、ス?...
2010/04/24(土) 08:58:49 | 勝手に映画評
----これって、どういう映画ニャの? 2009年、世界を最も驚かせた映画と言われているようだけど…。 「そうだね。キャストはノーネーム、 監督は新人、舞台は南アフリカ…と、 ヒットの要素はまるでないのに、初登場?1を記録。 しかもオスカーレースでは、 作品賞を含む?...
2010/04/24(土) 09:32:24 | ラムの大通り
美味しさ70点の天丼定食。  
2010/04/24(土) 10:17:00 | Akira's VOICE
機内映画その3、第9地区 District 9です。 年末にみて、あまりのインパクトに、昨年の極私的映画ベスト10に一気に食い込んだ。 さてそのインパクトとは..... ドキュメンタリー調で、この映画ははじまる。 そしてわかる、数あるSFの中でも、桁外れの「異様さ」 宇宙?...
2010/04/24(土) 18:14:56 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
【{/m_0167/}=16 -6-】 昨日はガンバ大阪の今期ホーム初勝利が懸かったACL4戦目、グループリーグ最下位のシンガポール・SAFFCを迎えての試合を見に行く予定だったが、かなり気になっていた映画の試写会に当選してしまったので、「ま、俺が応援に行かなくても今日は圧勝だ...
2010/04/26(月) 10:10:22 | 労組書記長社労士のブログ
ブログネタ:GWに行こうと思っている映画・舞台・美術館 参加中 GW突入しましたね。\(^0^)/ この作品は映画館で予告を見て、 観たいと思った作品です。 しかも、私が映画批評で一番信頼しているおすぎさんが、 “今年一番の映画!”と言ったとか。 こ?...
2010/05/01(土) 22:34:05 | 映画、言いたい放題!
映画『第9地区』は、南アフリカに宇宙難民として暮らすエビ型宇宙人と、彼らを違う地区に移住させる業務の責任者となった男の物語です。 “身勝手で、自身の利益しか考えない人類 VS 何もできない被征服者としての宇宙人”という構図は、映画『アバター』にも通じるも?...
2010/05/02(日) 21:52:52 | Viva La Vida!
 金曜日の仕事帰り、ダーリンは外国人を観て、さらにもう1本映画鑑賞です。この日の2本目は“外国人”の映画を観たので次は“宇宙人”の映画第9地区でした。  外国人と宇宙人という共通点(共通点なのか?)の他にこの2作品にもう1つ共通点があります。それは2作...
2010/05/07(金) 08:04:43 | よしなしごと
 『第9地区』を渋谷東急で見てきました。  おすぎが、「いろいろな所で、書いたり、喋ったりしています。「第9地区」は“今年度ナンバー1”の映画だと…。早々と今年も始まったばかりの2月に、この作品を見 て、私は他にどんなスゴイ映画が来ても「第9地区」ほど蘊蓄の...
2010/05/16(日) 08:29:20 | 映画的・絵画的・音楽的
 【ネタバレ注意】  『第9地区』の原型となった6分間の短編『Alive in Joburg』は、言葉遊びから始まっているのだろう。  南アフリカの人々に...
2010/05/23(日) 10:31:34 | 映画のブログ
作品情報 タイトル:第9地区 制作:2009年・アメリカ/ニュージーランド 監督:ニール・ブロムカンプ 出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッドほか あらすじ:ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎...
2010/08/04(水) 02:31:07 | ★★むらの映画鑑賞メモ★★
[第9地区] ブログ村キーワード第9地区 (原題:District 9)キャッチコピー:人類、立入禁止。製作国:アメリカ/ニュージーランド製作年:2009年配給:ワーナー・ブラザース映画、ギャガジ...
2010/08/18(水) 10:44:39 | 映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評
監督 ニール・ブロンカンプ 主演 シャールト・コプリー 2009年 アメリカ/ニュージーランド/南アフリカ映画 111分 SF 採点★★★★ 強いメッセージ性なりテーマ性を持った作品を観た直後こそ、そのことに対し色々と思いを馳せるもんですが、如何せん日々だらだ…
2010/09/07(火) 14:50:11 | Subterranean サブタレイニアン
南アフリカ共和国出身の米新鋭監督、ニール・ブロンカンプが長編デビューを飾ったSFムービー「第9地区」(2009年、米、111分、N.ブロンカンプ脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、巨大な宇宙船が漂着し、異星人が難民扱いとなった南アを舞台に、政府の新た...
2010/10/17(日) 16:21:05 | シネマ・ワンダーランド
別館ヒガシ日記から他ブログTB送信が出来なくなりまして 他ブログからのTB受信は出来ますので下記アドに願います 3月13日 第9地区(感想188作目) TBアドレス http://t ...
2011/03/13(日) 11:47:26 | スポーツ瓦版
copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。