スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隣の家の少女
隣の家の少女
★★★★


苦痛を知っているか?


大人になったデイヴィッドの回想という構成や、1950年代という時代設定が、否が応にも『スタンド・バイ・ミー』を想起させる。
『スタンド・バイ・ミー』の原作者であるスティーヴン・キング自ら、ジャック・ケッチャムの小説『隣の家の少女』を「『スタンド・バイ・ミー』と表裏一体の作品である」と絶賛していたが、映画版でもその印象は引き継がれている。


少女に対する残酷な虐待行為ばかりが話題になる本作だが、決してそれが主題の作品ではない。
むしろ興味本意で観る者の心に、ガツンと衝撃を与える。
劇中でデイヴィッドの言う「苦痛」がまさにそれだ。


本作は、隣に住む少年デイヴィッドを主人公にすることで、青春時代のダークサイドを描いた傑作に仕上がっている。

自分の力ではどうしてもメグを助けることができなかったデイヴィッド。
そんな彼の痛み、苦しさ、切なさ、悔しさが、観る者の心に突き刺さる。

観終わってから冒頭のシーンを思い返すと、その意味に、さらにガツンと一発お見舞いされる。
目の前で倒れた人を、それが浮浪者であろうと、必死で助けようとするデイヴィッド。
メグを救うことの出来なかった彼は、そうすることで赦しを乞う。
しかし彼に安らぎが訪れることはないだろう。
一生、十字架を背負って生きていくのだ。

ルースがスーザンをいじめる為の口実として使った「見ていたのに止めなかった者も同罪だ」という言葉が皮肉だ。




スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。