スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
★★


スーパーゼウスVS魔君ポセイドス


現代のアメリカで神が人間との間に子供を作っているというのは、実際に昼メロみたいなギリシャ神話をうまくアレンジしていて面白い。

しかし、子供を作っておきながら出て行った、無責任な父親を肯定するような描き方、これには辟易。
そばに居なくてもいつも見守っているよ、という、自分に都合のいい論理で片付けようとするなんてチャンチャラおかしい。

それに対して、継父の扱いは酷い。
主人公の継父ゲイブは飲んだくれで確かにどうしようもないヤツだが、母親は息子の身を隠す為にそんなゲイブの酒臭さを利用しているという(突っ込みどころはあるが置いておいて)、いわばウィンウィンの関係だ。
それなのに、息子の受け入れ先が決まってゲイブが必要でなくなった途端に、彼を家から追い出し、さらに殺してしまう。
これはあまりにも身勝手な仕打ちだ。


物語としてはRPGの「おつかい」的。
あまりオリジナリティーのないビジュアルに、適当すぎる展開と、二流感は否めない。
神と人間のハーフ=デミゴッドという設定が面白いだけに残念だ。


ユマ・サーマンとロザリオ・ドーソンはステキでした。




スポンサーサイト

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
 仕事が忙しく最近は映画になかなか行けない日々が続き、ストレスがたまっています。見たかった作品もどんどん終わっていきます。そんな中、今回はパーシー・ジャクソンとオリンポスの神々を観てきました。
2010/03/25(木) 00:33:29 | よしなしごと
ディズニーの新しい冒険ファンタジーシリーズ?? 原作は全米NO.1を取るほど人気の児童書。 原題は「PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF」
2010/03/25(木) 02:02:33 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
 「パーシーの父親は神だというが、いったい誰なのか」  …と、原作本の紹介文に書かれているが、映画ではのっけから息子を心配する父親...
2010/03/25(木) 06:31:07 | 映画のブログ
【 {/m_0167/}=12 -4-】 子ども向けファンタジーノベルが原作だそうだ(パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃)。 子どもっぽいかな~つまんないかな~と思いつつ、「TOHOシネマズ年賀状くじ末尾1か4を持っていったら1000円最終日」と言うことで、1000?...
2010/03/25(木) 14:58:11 | 労組書記長社労士のブログ
[パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々] ブログ村キーワード  全米ベストセラー児童文学の映画化、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」(20世紀フォックス映画)。“神の私生児”=“デミゴッド”が大活躍するファンタジー大作。メガホンを取ったのは、クリス?...
2010/04/10(土) 17:00:15 | シネマ親父の“日々是妄言”
ギリシャ神話の神々が時空を超えて現代によみがえる! 【感想】 人気映画『ハリー・ポッター』のクリス・コロンバス監督作のファンタジ...
2010/08/06(金) 00:09:20 | Recommend Movies
アメリカ版ハリポタ!? もっと読む[E:down] 虎党 団塊ジュニア の 日常
2011/06/25(土) 21:54:47 | 虎団Jr. 虎ックバック専用機
copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。