スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイケル・ジャクソン THIS IS IT
マイケル・ジャクソン THIS IS IT
★★★★★


マイコーHaaaan!!!


こんなに元気だったマイケルが死ぬなんて有り得るだろうか?
あまりにも不可解な死ではないか?
これは、一緒にステージを造り上げていたスタッフ、キャスト達からの告発のようにも思える。

若いダンサーに全く引けを取らない、キレのあるマイケルのダンス。
それぞれに独自のスタイルを持った、個性豊かなダンサー達。
美人ギタリストのオリアンティをはじめプロフェッショナルな演奏陣。
巨大スクリーンや3D、レール上を動く照明、クモやブルドーザーなどの大掛かりな仕掛けといった、チャレンジングな舞台装置と演出。
ヒット曲を出し惜しみしない魅力的なセットリスト。
このステージが幻で終わったことが残念でならない。と同時に、この作品が貴重な記録であることを再認識した。

しかし何より凄いのは、普段は見ることのできないマイケルの姿だ。
演奏するミュージシャンよりも確かな耳で指示を出したり、バンドのバランスや、音符の長さひとつ妥協しない音楽家としての姿。
時にムードメイカーとなり、時に揺るぎないリーダーシップで大人数をまとめあげる、人間としての魅力に溢れる姿。
「キング・オブ・ポップ」の異名は大袈裟でもなんでもないことを思い知らされる。
これ程のアーティストは二度と現れないだろう。


劇場を出てから、右腕でリズムを取りながらの「Beat It歩き」で家路についた。

泣けてくる。
でも、なくもんか。




スポンサーサイト

テーマ:マイケルジャクソン - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
ラゾーナ川崎プラザにある109シネマズ川崎のアイマックスシアターにて、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を観てきました! スクリーンの中で歌い、踊り、語る“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。 アイマックスの大きなスクリーンで観るMJの姿は、圧巻の...
2010/07/09(金) 19:52:36 | Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。