スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母なる証明
母なる証明
★★★★★


母親でポン


息子への無償の愛。
息子を守る者は自分しかいない、自分が守らなければ誰も息子を守ってくれない、その一心で行動する母親の強さ。
目撃者が話していることが真実だとわかった瞬間に、隠蔽することで守ろうとする本能的な行動。
それはライオンから我が子を守って必死に戦うインパラのように動物としての本能。
そこまでして守り切ろうとする運命共同体としての真の親子の形。
母親の口から今はもういない「お母さん」という呼び声が洩れるシーンや、代わりに捕まった、同じく障害を持つ青年と対面し、「お母さんはいないの?」と泣き崩れるシーンでなおさらそれが強調される。

ポン・ジュノという監督は稀有な存在だ。
完璧な構図に完璧な演出。
極めて映画的でありながら、他のどれとも異質な体験。
手でさわれそうな程の緊迫感と、毒を孕んだユーモア。


知的障害のある子と母親の関係を正しく描いているのも特筆すべき点。
マザコンや近親相姦的に見えるのかもしれないが実はそうではなく、子の母親への関わり方が幼児期から変わらないのだ。普通の青年と母親よりも距離が近い。
そうかと思えば、ふとしたきっかけで激昂し、ありったけの怒りをぶつけてくる。
また、ぼーっとしているように見えて、直感的に物事を理解する鋭さも持っている。
母親もそんな手の掛かる息子を放っておけず、べったりと面倒を見ざるを得ない。
『13日の金曜日』シリーズのパメラとジェイソン親子の関係もこれに近い。


これ以上ない見事なオープニングから、夕日をバックにした長回しのエンディング。さらには最後まで観ることによってがらりと意味の変わるオープニングと、ひと回り以上の衝撃を与える怪物的作品。




スポンサーサイト

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
あらすじ早くに夫を亡くして以来、一人息子のトジュンと静かに暮らすヘジャ。そんなある日、街で殺人事件が起こりトジュンが容疑者に・・・。感想アジアンフィルムアワード最優秀作...
2010/11/10(水) 09:30:29 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。