スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノウイング
ノウイング
★★


「イヤだ」と言い続けるという意味ではないらしい


ワンカットの長回しで見せる飛行機事故のシーンは見所だ。
予告編で見飽きたシーンだと思っていると、墜落した後も、燃える残骸や乗客達の中をさまよう主人公を、延々とカットを割らずに追って行く。
恐らく『トゥモロー・ワールド』や『LOST』の影響を受けているだろうと思われるが、人が死ぬことを知っていながらどうすることもできない主人公の絶望感を表現するのに、抜群の効果を上げている。


ストーリーはエゼキエル書をモチーフにしたキリスト教色の濃いものだ。
というか、濃いどころかそのものだ。
エゼキエル書は、UFOや宇宙人との遭遇を描いているという説があり、それをそのまま映像にしたのが、この映画のクライマックスだ。
これをトンデモ映画と切り捨てるのは少し乱暴すぎる。




スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
[ノウイング] ブログ村キーワードノウイング(原題:Knowing)キャッチコピー:地球消滅その時、人類は何を残せるだろうか。製作国:アメリカ製作年:アメリカ配給:東宝東和ジャンル:...
2010/06/20(日) 00:34:04 | 映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評
copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。