スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アジョシ
アジョシ
★★★


コリアンコープ作品?


テシク(ウォンビン)の特殊部隊仕込みのアクションに燃える!
特にクライマックス、トルコ風呂でのナイフを使った戦闘が凄い。
首、脇、手首など相手の動脈を確実に狙っていく間違いない仕事っぷり。
そこからベトナム人用心棒との仁義ある一騎討ちになだれ込み、防弾ガラスを撃ち抜いてボスを仕留めるまで息をつかせない。

アクション映画としてのクオリティは高い。


しかし、軽い。
そしてクサい。

テシクがボサボサ頭に見えてきちんと整髪されていたり、ディテールが軽く、妙にリアリティーがないのだ。
まるで、漫画原作をテレビドラマ化したような手触りだ。

テシクの恋人との過去や、少女との交流場面など、演出がドラマチック過ぎてクサいのもノレなかった。

全体的に、リュック・ベッソン及びヨーロッパコープ作品をはじめ、既存のアクション映画のいいとこ取りという印象は拭えない。
いや、ヨーロッパコープ作品は好きなのだけど、「みたいな」のはちょっとね・・・。

また、「金歯以外食いちぎってやる」「知ってるふりをしたい時、知らんぷりをしてしまう」など、数少ないテシクの台詞がいちいちダサくてピンと来なかった。


立ちまくった敵キャラも面白いのだが、その点も作品の軽さを助長してしまっている。




スポンサーサイト

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
男の美学が炸裂しています。この映画はすごいですよ。あまりにも素晴らしすぎるので、ネタバレ無しの方向で。まず、子役の女の子がめちゃめちゃいいです。うまかわいいです。(馬の ...
2011/10/26(水) 23:33:26 | 23:30の雑記帳
 マジ泣きした僕の彼女を紹介しますから韓流映画のファンになったのですが、最近はパッとしないイメージ。そんな中、日本語に直すと「おじさん」というアジョシを見てきました。
2011/12/06(火) 03:05:14 | よしなしごと
copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。