スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくのエリ 200歳の少女
ぼくのエリ 200歳の少女
★★★★


いとしのエリ


『リトルショップ・オブ・ホラーズ』を思い出した。
リック・モラニス扮する気の弱い主人公が、知能を持つ吸血植物を育てるために殺人を重ねるというホラーミュージカルだ。
オスカーとエリの関係は、このような「ペットと飼い主」の関係に近い。


エリは食糧である人間の血液を調達してくれる初老の男と暮らしている。
その男の死期が近付いて来た今、彼に代わる飼い主が必要なのだ。

対してオスカーはエリに、社会に居場所がない者同士、シンパシーを感じている。似た者同士としての仲間意識が強い。
また、この閉ざされた世界から旅立つためのパスポートでもある。
ラストのプールでの一件(この惨殺シーンはホラー映画史に残る名場面)から、用心棒として頼れる存在だとも感じているかもしれない。

本来ならば二人は、割り切った関係でのみ成立する。
初老の男とエリとの関係がそうであったと窺わせるように。

それなのに恋心が芽生えてしまうから切ないのだ。


世間から隔絶された世界に暮らし、黙々と血液を調達していた初老の男。
恐らく彼以前にも同じ様な男達が存在し、これからも現れ続けるのだろう。
オスカーもそのサイクルの一部として同じ行く末を辿るのは明白だ。


P.S.
エリが着替えをする場面で秘部にボカシを入れたのは、製作者と観客に対する暴挙である。
実はあのボカシの向こうには、男根を去勢された傷痕があったのだ。
そして、オスカーはその事実を知った上でエリを受け入れる。そこが重要なのだ。
しかし、その部分を隠してしまっては、エリの台詞「私は女の子じゃないの」の意味が全く変わる。
自分もそうだったが、多くの観客が、「普通の女の子ではなくバンパイアだよ」という意味に捉えたはずだ。
加えて邦題に200歳の「少女」と付けて、ボカシによる改変を誤魔化そうとしているのがヒドい。

少女の裸体は児童ポルノに抵触する?
いや「200歳」なんだからOKでは?
まぁ、冗談を抜きにして、製作者の意図、作品の意味を変えるようなことを、やっていいわけがない。




スポンサーサイト

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

コメント
コメント
はじめまして。

>オスカーもそのサイクルの一部として同じ行く末を辿るのは明白だ。

原作では違うのですが、映画だけ観るとそう思っちゃいますよね。
どうも監督と原作者ではラストに対する考え方が違っていて、結果的に映画ではあのようになったみたいです。
ただ、その監督にしてもインタビューを読むと、オスカーの未来について複数の異なった選択肢を想定しているようです。
解釈は観客にゆだねられるわけですが、実際は観客の解釈が一つの解釈に集中しているのが、ある意味残念です。
少々乱暴でもユニークな解釈を聞いてみたいような気もします。

修正シーン、あれ作り物じゃないですかね?
現行の児童ポルノ法は性的ニュアンスのない児童の裸までは規制してはおらず、海外の少女ヌードの写真集なども(芸術であれば)国内で普通に流通しているのですが、これは映倫の審査員が無知だったとしか思えません。
古今東西、子供が裸で出てくる映画など多数ありますが、それが全部要修正になったら大変なことになると思うのですが。
2010/09/03 (金) 09:53:13 | URL | WOO #zxJvsWF.[ 編集 ]
はじめまして
>WOOさん

コメントありがとうございます。

原作は読み始めたところなのですが、映画版の解釈はそうなっちゃいますね。
初老の男も、オスカーと同じように子どもの頃にエリと出会って、そのまま二人だけの世界で育ったのではないかという解釈も出来ますね。あまりにも浮世離れしてて。

修正シーンに関しては残念でなりません。
DVDでは修正されないことを祈ります。
2010/09/03 (金) 21:31:57 | URL | カシュワク #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
 『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者であり、脚本も担当したヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストは、公式サイトに短い会話を書きだした。 ...
2010/09/03(金) 06:51:45 | 映画のブログ
北欧特有の冷気と幻想の中で繰り広げられる残酷で美しいメルヘン。孤独な少年とヴァンパイアの少女の結びつきを、ポエティックに描いていく。12歳のオスカーはストックホルム郊外の街で暮らす繊細で孤独な少年。学校で深刻ないじめにあっているが、親も教師も彼の状況に気...
2010/09/03(金) 23:47:30 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
'10.07.18 『ぼくのエリ 200歳の少女』@銀座テアトルシネマ 『きな子』から、『くらげくん』まで時間があるので、急いでランチして京橋へ移動。『ぼくのエリ』鑑賞。ブロガーさん達の間でとっても評判がすごくいいので、とっても見たかった。 *ネタバレありです! 「学...
2010/09/07(火) 00:06:35 | ・*・ etoile ・*・
「ぼくのエリ 200歳の少女 」★★★☆ カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナル出演 トーマス・アルフレッドソン監督、115分、 2010年7月10日より順次公開、2008,スウェーデン,ショウゲート (原題:LET THE RIGHT ONE IN)        ...
2010/11/14(日) 20:31:33 | soramove
身を切るような北欧の冬。 白い雪上に赤い染みが滴るとき、 孤独と孤独を足し合わせ、運命に掛け合わせて導かれる。 少年がそっと手を伸ばす、その先の世界に見えたもの。 『ぼくのエリ、200歳の少女』 2008年/スウェーデン/115min 監督:トーマス・アルフ...
2010/11/18(木) 13:17:16 | シネマな時間に考察を。
ヴァンパイア映画の続いた今年。 群を抜いて存在感のある作品となったこの映画は、さすがハリウッド版でスピードリメイクされるだけのことはある! 透き通るような肌の、透き通るほど純粋な少年の初恋は、息を呑むような透き通る大自然の北欧の、誰の足跡も無い真っ白に...
2010/12/11(土) 06:28:16 | ノルウェー暮らし・イン・London
監督 トーマス・アルフレッドソン 主演 カーレ・ヘーデブラント 2008年 スウェーデン映画 115分 ラブロマンス 採点★★★★★ 初恋の思い出ってのはさっぱり覚えていないんですが、初めての彼女の事は意外とまだ覚えているもので。未練とかそんな感じのは全然ない…
2011/02/12(土) 16:06:29 | Subterranean サブタレイニアン
バンパイアの恐怖や哀しみと同時に、内気で孤独な少年の切なくも美しい初恋を繊細に描いたヒューマン・ラブ・ファンタジー「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008年、スウェーデン、115分、トーマス・アルフレッドソン監督作品)。この映画は、スウェーデン・ストッ...
2011/06/07(火) 21:37:43 | シネマ・ワンダーランド
 クロエ・グレース・モレッツ主演のモールスがとてもおもしろかったので、その原作であるぼくのエリ 200歳の少女をDVDで見ました。
2011/11/11(金) 01:43:33 | よしなしごと
copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。