スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドライヴ
ドライヴ
★★★★★


マスクを被ったドライヴァー


これは80'sの薫りを纏って蘇った、現代の『タクシードライバー』だ。

自分の世界に生きる男が、自分なりの愛を貫き、自分のルールで正義を執行する。
この複雑な世の中で、その純粋過ぎる行動はあまりにもいびつで痛々しい。
しかし人間の根源的な情緒に裏打ちされた、ある意味理想的な主人公の生き方は、観る者の共感を誘う。

そして、主人公の姿は、時として何かを思い起こさせる。
母親のため、妹のために殺人を犯す、ホラー映画のヒーロー達だ。
スタント用のマスクを被って佇む姿は、まるで『ハロウィン』のマイケル・マイヤーズである。


撮影手法もこの作品の特異性を炙り出す。

手ブレ撮影の多い昨今、固定されたカメラと計算されたパンで紡がれる映像は新鮮だ。
主人公の意志のように真っすぐ前を見据えたカメラは、バイオレントな出来事からも目を逸らすことを許さない。
そしてエレベーターのシーンにおける照明の動きの素晴らしさ。映画史に残るであろう特筆すべき名シーンだ。

静かなるバイオレンス、情熱的な静寂、それが『ドライヴ』だ。




スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

モールス
モールス
★★★


ぼくのアビー


オリジナルの『ぼくのエリ 200歳の少女』に忠実に作られたリメイク作品。
ハリウッド映画でここまで静かな映画を作ることが出来たのは凄いが、結果としてオリジナルの良さを際立たせることになった。

オリジナルとの相違点としては、『トムとジェリー』での人間の扱い方のように、少年の母親の姿をハッキリと見せず声だけの存在にしている点が挙げられる。
父親に至っては、電話口の声のみだ。
子どもだけの世界を強調したかったのだと思うが、大人の存在があってこそ、この世界からの逃避行が活きてくると思うのだ。
本作での演出は逆効果ではなかろうか。

オリジナルでぼかしてあった少女と保護者の関係を、スピード写真のツーショットで説明してしまうのも野暮だなぁ。


これは、外国の映画を観たがらないアメリカ人の為に作られた映画と捉えるべきだろう。
僕らには『ぼくのエリ』がある。




テーマ:ホラー - ジャンル:映画

copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。