スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スリーデイズ
スリーデイズ
★★★★


すべて彼女のための苦労


この作品はフランス映画『すべて彼女のために』のリメイクだ。
オープニングを始め、同じシーンを同じ構図で撮るなど、その忠実さにまず驚かされる。

そこに加えて、計画通りに逃げることが出来たオリジナルに対し、本作は予期せぬアクシデントを盛り込むことでよりサスペンスフルになり、より主人公のクレバーさが際立つようになっている。
体ではなく頭を使って逃げる主人公のキャラクターをさらに掘り下げた良リメイクと言える。


愛する者を助けるために法を侵す主人公には賛否あるだろうが、自分も同じ立場に置かれたら同じ行動を取るだろう。
プリウスに乗って(アメリカでは善良な市民の象徴)馴れないことをする主人公に感情移入しまくりだ。


オリジナルでは逃避先が警察にバレてしまい不安を感じさせて終わるが、本作ではうまく欺いて行方を眩ませる。
この、希望を残したエンディングがいい。

そして、黙って地図を見つめる父親。言葉少なな親子関係もまたいいんだ。

オリビア・ワイルドという最大のトラップも用意されていたが、うまくかわしたね!




スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

猿の惑星:創世記(ジェネシス)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)
★★


猿でもわかる映画


予告編で見た以外のことが何も起こらない映画。
これは予告編が見せ過ぎというワケではなく、予想外のことが何も起こらない平凡なストーリーだということだ。
さらにそのストーリーを何の含みも無く全て映像で説明してしまうのだから、もはや映画にする必要があったのかどうかさえ疑わしい。
例えばラスト、ウィルスに感染したパイロットが出発ロビーから撒き散らして全世界に広がって行きました~って、そこまで説明する必要はないだろう。
ウィルスに感染したパイロットが仕事に出掛けた、この事実だけで後はわかる。


アルツハイマーの父親の為に研究を続ける主人公の姿には感動したし、シーザー達が蜂起する姿は熱いのだけど、後に残るものが何もないのだ。


チンパンジーとゴリラとオランウータンが居たり、キャラのネーミングなどで『猿の惑星』シリーズに関連付けようとしているが、その必要性もあまり感じられず、独立した作品として作った方が良かったのではないかとも思う。




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ラスト・エクソシズム
ラスト・エクソシズム
★★★


イナバウアー(禁句)


悪魔祓い(エクソシズム)をPOVの擬似ドキュメンタリー形式で撮った作品。

主人公の神父がエクソシズムに否定的で、トリックを使うことでエクソシズムのウソを暴こうとしている、そのスタンスが面白い。
POV映画が珍しくなくなった今、単に悪魔祓いを題材にするだけではなく一捻り加えたのがこの作品の特徴。

集落の住人がカルト集団だったという『悪魔の追跡』もかくや、という展開もワクワクしたが、いかんせん唐突過ぎた。
徐々にあの流れに持って行ったらもっと盛り上がったかも。


しかし、この作品で最も引っ掛かるのは、擬似ドキュメンタリーとしての作り込みと設定の甘さだ。
このフィルムは発見された後に編集されたハズだが、後半になるに連れて撮りっぱなしの映像になるのは不自然。しかも後半の無編集部分にもなぜか音楽は付いている。
カメラを止めた時に真っ暗な画面が録画されているのも不自然。
そもそも、カメラマンがあの状態で殺されたら、このフィルムは隠蔽されて世に出ることはなかったはずだ。

『クローバーフィールド』は完璧にやり切っていたなぁと、改めて思う。




テーマ:ホラー - ジャンル:映画

copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。