スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪人
悪人
★★★★


Just to tell you once again, Who's bad...


金髪で肉体労働者、車が趣味で出会い系をやっている男が殺人を犯した。
表面だけ見れば、この男は「悪人」だと思うのが普通の感覚である。
しかし、うわべと本質は必ずしも一致しない。
この物語で真に罰せられるべき者は他にいる。
殺人という行為は罰することができても、悪意は罰することができないのが現実だ。

この映画には悪意を持った様々な人物が登場するが、彼らは普通に生活している。
悪徳販売業者だってのうのうと生きている。
なぜなら法に触れていないから。
法に触れる行為を行った者だけが罰せられる。
例えそこに悪意がなくても。

この矛盾に対して、主人公には逃げるしか術がなかった。
そんな主人公に出会った光代は、彼と行動を共にすることで、閉ざされた日常から抜け出せると信じた。
彼女は主人公の中の善なる心を理解していた。
そんな二人の出口のない逃避行。
これは「ナチュラル・ボーン・善人」による『ナチュラル・ボーン・キラーズ』である。




スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

クレイジーズ
クレイジーズ



ホラーじゃない


ビックリ箱を観たいんじゃない、ホラーを観たいんだ。
この監督は「わっ!」と脅かすのがホラーだと勘違いしてるんじゃないのか?そう言いたくなる程に繰り返されるビックリ演出に辟易する。
しかも、何度同じパターンを使うんだ?


まず、肝心な感染の恐怖が描かれていない。
飲み水から感染すると言いつつ、それに関連した描写が一切無い。
感染者からうつるという設定があるのか無いのかも曖昧なため、ただ狂人から逃げる恐怖でしかない。

軍による有無を言わさぬ抹殺も、もうひとつの恐怖になるはずだ。
しかし、軍の制圧下にあるにも関わらず感染者が生き残っているということは、軍の掃討作戦は穴だらけだということになり、なんだか矛盾が起きている。

さらに、人工衛星に監視されているような演出が入るがストーリーには活かされておらず、そもそも監視されているなら主人公達の逃避行動は全く無意味だったわけで・・・何ともかんとも。


川の中に飛行機が沈んでいるのを発見するシーンは良かったし、携帯やネットから遮断されていくのがリアルで期待値が上がったのだが、それ以降が続かなかったな。

恐怖とはなんたるかをもっと勉強すべし。




テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

マチェーテ
マチェーテ
★★★


マチェーテ、ダイ・ハードごっこする。


『グラインドハウス』のフェイク予告編をホントに映画化してしまうシリーズ(?)第一弾。
予告編のシーンをキチンと、いや無理矢理ストーリーに組み込んで再現するのがまずウケる。
そして、シチュエーション重視のアクションに燃える!

内容は完全なメキシカン士気高揚映画だが、マイノリティー決起集会に大概の人は熱くなれるだろう。


主演のダニー・トレホが一番格下に思える程の豪華共演陣も見ものだ。
体型がごんぶとになってしまったスティーブン・セガール、すっかりおじいちゃんになったドン・ジョンソンなど、マニアを唸らすキャスティング。

女優勢では、チェ・ゲバラの「CHE」をもじった「SHE」として登場するミシェル・ロドリゲスが、やはり別格だ。
リンジー・ローハンがスッポンポンになろうが、ジェシカ・アルバがCGで下着を消そうが、アイパッチでビキニでローライズパンツのミシェルには敵わない。

そして、出演者の中で最も遊んでてオイシイのはデ・ニーロ。
『タクシードライバー』のパロディで狙撃される政治家を演じ、あげくタクシーを奪って運転し、ノリノリで銃撃戦に参加し、この作品の象徴のような最後を遂げる。
悪ノリにも程がある(誉め言葉)。


しかし、これだけ贅沢な配役をしておきながら、撮りたいシーンだけ撮って後は放ったらかし、または適当な結末、というキャラが多過ぎないか。

この作品に限らず、ロドリゲスの映画は登場人物が多過ぎる。
キチンと捌くことができず、もて余しているのが問題だ。
それに付随してシーンも多くなり、ごちゃごちゃとして散漫だ。
それを「グラインドハウス的」とか「B級テイスト」といった言葉で片付けてしまうのは間違っている。

結局、一番興奮したのは、冒頭のアクション→アソコから携帯→炎に浮かび上がるトラブルメイカーロゴ→オープニング、の流れだった。




テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

ソウ・ザ・ファイナル 3D
ソウ・ザ・ファイナル 3D
★★★


そう?じゃ、ファイナル


※『ソウ6』の批評はこちら。


出涸らして骨と皮だけになったジグソウの体に鞭打って増改築を繰り返してきたシリーズもいよいよフィナーレ。

今回はいよいよ最後の弾、一作目の生き残りのゴードンを引っ張り出してきた。
後付け設定もここまでやり切ればアッパレ!
辻褄が合っているのかどうかは確認する気も起こらないが。


今作は、ジグソウのゲームから生還した体験を本にして稼ごうとする人物や、被害者達の自助グループなどが登場し、「そう来たか!」と思わせる現実味のある展開。
ひとつの作品としてなかなか面白く出来ている。

後継者争いにもダークホースが出現し、シリーズの輪をキチンと閉じてスッキリと終わった。


ただ、殺戮シーンのCGっぽさがやけに目立った。
特に凶器と人体の接触部分がウソ臭い。
やっぱり実在感がないと、怖さ痛さも半減だよね。




テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

バイオハザードIV アフターライフ
バイオハザードIV アフターライ<br /><br />フ
★★


アリス・イン・ゾンビーランド


傘(アンブレラ)を差した人々が行き交う渋谷のスクランブル交差点から幕を開ける。
4年後、その交差点の地下にはアンブレラ社の本部があった。

時間軸がわかりにくい構成たが、中島美嘉のいる渋谷が1作目の前の話で、アンブレラ社のある渋谷からが3作目の後の話だ。


今回、アリスはTウィルスを中和され特殊能力を封印されるが、その設定はあまり活かされておらず残念。
ジェット機の墜落からアリスが何の理由もなく生き延びたり、何故かロサンゼルスに飛んで偶然にも生存者に出会えたりと、雑で都合のいい展開が多い。

スローモーションを多用したアクションシーンは3Dの効果も相まって、浴室での水滴を散らしながらの攻防などは面白い。
しかし、あまり意味のないシーンまでスローモーションにするなど、この技術に頼りすぎな感がある。
そもそも、この映画ならでは、このシリーズならではのアイデンティティーが感じられない。

面白いシーンや原作ファンを喜ばせるネタはあるのだが、ちょっと安易に作り過ぎている気がしてならない。




テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。