スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダレン・シャン
ダレン・シャン
★★★


バンパイアの助手VSバンパニーズのジョシュ


この作品では、人間を殺さないで血液だけをいただくのが正統なバンパイアであり、人を殺してしまう、バンパイアの道から外れた者をバンパニーズと定義付けている。
パク・チャヌク監督の『渇き』もそうだったが、バンパイアが現代社会で波風立てずに生きていく為に、この方法を取る傾向にあるようだ。
『トワイライト』サーガでは動物の血を飲むことで解決しているが、これではバンパイアのロマンが無い。

バンパイアの能力としてはフリットという高速移動がフィーチャーされている。

主人公はまず、ハーフ・バンパイア(バンパイアの助手)からキャリアをスタートさせる。
ハーフはバンパイアとしての能力が低い代わりに、日の光を浴びても大丈夫。
マスター(?)が棺桶で寝ている間の見張りもする。

そして彼等は敵対するバンパニーズから身を隠す為に、「シルク・ド・フリーク」なるフリークスの見世物興行一座に紛れて生活している。


バンパイアもののアレンジとして、なかなか面白い設定だ。
ケレン味たっぷりのポップな語り口もハマっている。
オープニングのアニメも最高。

あとはモンキーガールがもっと可愛いければ・・・。


『ハリー・ポッター』のヒットの後、『エラゴン』『ナルニア国物語』『パーシー・ジャクソン』など児童文学の映画化が相次いでいるが、個人的にはこの『ダレン・シャン』が一番好きだなぁ。




スポンサーサイト

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

第9地区
第9地区
★★★★


『アバター』は志願兵、『第9地区』は徴集兵


『エイリアン・ネイション』の世界で『ザ・フライ』が『ダンス・ウィズ・ウルブズ』する映画。・・・というのは冗談だが、言われているような「目新しさ」はない。

しかし考えさせられる内容だ。
異星人はアパルトヘイトにおける黒人を表している。
MNUと異星人の関係は、生体実験などのおぞましさからもナチスとユダヤ人の関係をも匂わせる。


支配する側だった主人公が、される側の立場に逆転した時に、初めて見えてくる現実。
そして、そういう状況に置かれた時に人はどんな行動を取るのか?

ある面で『アバター』と同じテーマを扱っているのだが、あそこまでヒーローしない主人公がリアル。
『アバター』との大きな差は、志願兵か徴集兵かの違いだろう。
本作の主人公はヒロイズムを排した普通の人物として描かれており、心の弱さからくるであろうとんでもない言動も多々見られる。
前半部分でその辺りがしっかり語られるので、その後の展開に説得力がある。

しかし、指令船を作動させる時に主人公がクリストファーを殴り倒して自分だけ乗り込むのはちょっとやり過ぎ。自分で動かせると思うのも不自然だ。
また、主人公がピンチを切り抜ける時に「運」に助けられる場面が多いのも気になる。
これらのせいで、予期せぬ展開というよりは、目的地に向かって川の流れを強引に変えているような脚本に感じられるのが惜しい。


とは言え、それを補って余りある程の魅力に溢れている。

通常のドラマ映像に、ニュースやインタビュー、MNUの記録、監視カメラなど、様々なドキュメンタリー的映像をモンタージュする手法が、刺激的で強烈な印象を残す。




テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

NINE
NINE
★★★★


これぞ男の人生


母親や妻、愛人に始まり、子供の頃から世話になっている年上の女性、お金を払えばエロチックなダンスを見せてくれた浮浪者まがいの娼婦まで、出会った女性をセーブポイントのように人生を重ねていく、これぞまさに男の真理。

室内型のフリークライミングに例えるとわかりやすい。
出会った女性達がホールドと呼ばれる出っ張りで、それを手掛かり足掛かりにして人生という壁を登る。
母親や妻のように何度も出て来て助けてくれるホールドもあれば、一度しか登場しなかったり、途中で去っていくものもある。
やがて妻も愛人も離れ、ホールドがひとつもなくなってしまう。
それ以上登れなくなった時に助けてくれるのは・・・?というお話。


ミュージカルシーンは主人公の妄想や美化された想い出を表現していて、全ての女性に見せ場が用意されているのも面白い構成。
ジュディ・デンチまでが胸元を強調した衣装で登場するが、子供の頃には年上の女性が素敵に見えるものだ。
なんかわかるなぁ。




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

噂のモーガン夫妻
噂のモーガン夫妻
★★


ど田舎に泊まろう!


強い女性に弱い男性という組み合わせの夫婦を描いたロマンチック・・・いや、ドタバタコメディ。

自分の浮気がきっかけで別居状態になった夫が、なんとか関係を修復しようと奮闘するのだが、最初のうちはプレゼントで機嫌を取ろうとしたり、主体性なく話を合わせたりと、「それだけはやっちゃダメだろ」のオンパレード。
しかし、証人保護プログラムによって強制的に田舎での夫婦生活を送るうちに、次第に心から妻と向き合えるようになる。

後半、妻も浮気したことを告白するが、夫は受け止められる程に成長していた。
田舎へ行く前の夫だったら、これでお相子だとばかりに開き直っていただろう。
妻も今なら大丈夫と思い、あのタイミングで告白したのかもしれない。

夫婦それぞれの秘書同士もカップルになるのが面白い。
強い女性に弱い男性という図式も同じで、まさにモーガン夫妻予備軍だ。


猫も杓子も「リアル」な表現に走る傾向にある昨今、この作品の「軽さ」は逆に新鮮。
しかし笑えるかどうかは別で、熊撃退スプレーを誤って顔にかけるネタで引っ張られても、ちょっとお寒い。
『ラブソングができるまで』は傑作だったから、恐らく、監督や出演者とドタバタコメディの相性がよくないんだろうな。




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。