スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レスラー
レスラー
★★★★★


プロレススーパースター列伝


ゴールデンタイムにプロレスが放映されていた時代に青春を過ごした者にとって、涙なくしては観られない。
そしてやはり、三沢光晴の死が頭をよぎる。なんというタイミング。


リング上にしか居場所を見い出せないプロレスラーの生き様。
プロレス人気の凋落で、スーパーのバイトと掛け持ちしながらの過酷な興業を強いられ、体はボロボロ。それでもステロイドを射ち、髪を金髪に染め、日焼けサロンで肌を焼く。後戻りなど出来ないからだ。
私生活では娘に嫌われ、よりを戻す為に努力して作ったせっかくのチャンスも、自らのだらしなさで棒に振ってしまう。そして好きになった女は場末の訳ありストリッパー。
この、「無器用」以外に形容できない主人公ランディは、役者ミッキー・ロークの最高傑作だ。

興業に関わる選手達の描写も興味深い。
試合前の和気あいあいとした控室風景や、試合の流れを決める打ち合わせ。
使用感を試しながら対戦相手と凶器の買い出しをし、流血シーンを演出するためにカミソリの刃を仕込む。そして試合中に、客に見えないよう自らの額を切る。
試合後には互いの健闘を称え合う。そこにはヒールもベビーフェイスもない。
プロレスはよく「八百長」だと揶揄される。嫌いな人はそこが受け付けないらしい。
あえて誤解を恐れず、何ひとつ隠さず描いたこの映画の誠実さに、また涙だ。

男が無器用なら女も無器用。
子供を抱えるストリッパーのキャシディは、素直にランディとの恋愛に踏み出せない。現実的な理由もあり、心情は複雑だ。
ランディの元に駆け付けた時には、もう彼は自分のそばにはいないことを悟る。

トップロープの上から入場口を一瞥したランディは、もうキャシディの姿がそこにはないのを見て、恐らく人生最後のラム・ジャムを仕掛けるのだった。

映画が終わっても、しばらく席を立てなかった。




スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

ザ・スピリット
ザ・スピリット
★★★


エヴァ・メンデスのおしりコピー


『シン・シティ』で味を占めた(※)フランク・ミラーが、女を集めてコスプレさせて撮影会をしたかっただけの作品。
以上。
最高。


※『シン・シティ』撮影後の発言集
「スタジオに着くと、マリー・シェルトンとジョシュ・ハートネットが待っていた。彼らを演出して『シン・シティ』のオープニングを撮影した。美しいマリーが『先生、演出してください』って私をじっと見つめてくるんだぞ(笑)。すぐに私はロバート(・ロドリゲス)に言った。『さっさと始めようぜ』」
「当たり前だよ。ハリウッドのスターたちが自分が創造したキャラクターになりきって、何でも私の言うとおりにするんだぞ」
「(一番辛かったのは、)撮影が終わっちまった時さ」
「『2』は、『シン・シティ』第2巻の『Dame to Kill For』がメインになるが、ジェシカ・アルバのために彼女がヒロインの話を書き足そうかと思っている」




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ターミネーター4
ターミネーター4
★★


これは、新しいシリーズの『旅の仲間』なのか?


シリーズでは初めて未来が舞台となるが、ストーリー的には1作目のプリクエル(前日譚)にあたるという、なんとも複雑な立ち位置の作品。

冒頭から、長回しを多用した『トゥモロー・ワールド』ばりの戦闘シーンにワクワクする。
と、同時にホッとした。
監督がマックGと聞いて不安だったのだが、『チャーリーズ・エンジェル』のように浮ついた映像になっていなくてよかった(あれはあれで大好きだが)。
きちんと作品に合わせてスタイルを選ぶ監督なんだな。

他にも、シグナルでハンターキラーを落とす場面や、モトターミネーターとトラックのチェイス、シュワちゃん誕生(1作目の顔にした所がまた良い)など見所は多い。

そして、「I'll be back.」「Come with me, if you want to live !」とお約束のセリフを登場させたり(「I'll be back.」をジョンが言う所が、立派に成長したなぁ!と感慨深い。)、モトをおびき寄せるのに『ターミネーター2』主題歌の「You Could Be Mine」を使ったりと、『3』で不評だった過剰なセルフパロディにならないギリギリのラインでシリーズへの愛を感じさせる。


しかしいかんせん、謎のままで終わっている部分が多いのが困るところだ。
マーカスが2018年に登場した時に裸だったのはタイムスリップして来たからなのか?
マーカスのテクノロジーは明らかにこの時代のスカイネットより発達しているが、いつ作られた物なのか?
心臓だけ人間のままだったのは、あらかじめジョンに移植することを見越して送り込まれたのか?
T-600の登場により、T-600→T-800の進化に比べ、T-800→T-1000の進化が急激過ぎることになったが、そこには理由があるのか?
セレーナ・コーガンはなぜマーカスに献体させることにこだわったのか?
セレーナが癌であることを強調していたのは、審判の日を体験したことを意味しているのか?
それとも、原子炉を搭載しているターミネーターの開発に関わったからなのか?
それとも、ヘレナ・ボナム・カーターの見た目がそう見えるから、単にそういう設定にしただけなのか?
そもそもセレーナは本当にサイバーダインの人間なのか?
・・・あげればキリがない。

新シリーズが○部作構想であることがはっきり決まっているならともかく、続編の製作も発表されていない段階で、テレビドラマの第1話みたいな作り方をするのが疑問だ。

今後、新たな展開があれば面白くなりそうなのだが、この作品単体でみた場合、ドラマ部分があまりにも薄く、低い評価になってしまう。
マーカスの人物像や、ジョンとの関係をきちんと描かないと、自己犠牲なラストが盛り上がらない。
『ヒドゥン』の方が感動的だ。

それこそ『ターミネーター2』のように、ひとつの作品でやり切って欲しかった。




テーマ:ターミネーター4 - ジャンル:映画

スター・トレック
スター・トレック
★★★★★


スター・トレック ザ・ルーカス/スピルバーグ・ジェネレーション


過去作は映画版の1~3をテレビ放映で、4~5を他の映画の同時上映でと、あまり積極的には観ていない。
テレビシリーズは全く観たことがない。
覚えているキャラクターは、スポックとカーク、あと日本人がいたなぁ、程度。
「スター・トレックは好きか?」と聞かれると、「スター・ウォーズは好きです。」と答えてしまう。
・・・そんな僕でも最高に楽しめました!

いや、そんな僕だから楽しめたのかもしれない。
なんだかもう、これはまるで『スター・ウォーズ』なのである。
アグレッシブな飛行を見せるエンタープライズは、まるで乗組員の多いミレニアム・ファルコン。カークはハン・ソロの若い頃と言っても通用しそうだ。
氷の惑星などは『帝国の逆襲』まんまだし、カークを襲うクリーチャーのデザインのカッコ悪さ(笑)は、新三部作に通じるものがある。

そういえばJ.J.エイブラムスもインタビューで言っていた。
「トレッキーではない。スター・ウォーズにハマった口だよ。」と。


スピルバーグから影響を受けたと思しき演出も見られる。
敵が運悪くムゴい死に方をする、バルカン星のドリリング・プラットフォームでの戦いもそうだし、転送されたスコットが水道管の中を流されるモタモタイライラドタバタアクションもスピルバーグ印。


これはまさしく、ルーカス/スピルバーグ世代が造り上げたスター・トレックである。


また、人間ドラマには定評のあるJ.J.エイブラムスらしく、クルー達がしっかりと描かれている点も作品に深みを与えている。
カークとスポックの関係に重点を置いたところも面白くて、出会いから友情を育むまでの過程が、『LOST』1シーズン分を凝縮したような濃さで描かれる。
周りの人物も主張しすぎないがキャラは立っていて、その辺りのさじ加減も絶妙だ。




テーマ:スター・トレック - ジャンル:映画

copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。