スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NINE
NINE
★★★★


これぞ男の人生


母親や妻、愛人に始まり、子供の頃から世話になっている年上の女性、お金を払えばエロチックなダンスを見せてくれた浮浪者まがいの娼婦まで、出会った女性をセーブポイントのように人生を重ねていく、これぞまさに男の真理。

室内型のフリークライミングに例えるとわかりやすい。
出会った女性達がホールドと呼ばれる出っ張りで、それを手掛かり足掛かりにして人生という壁を登る。
母親や妻のように何度も出て来て助けてくれるホールドもあれば、一度しか登場しなかったり、途中で去っていくものもある。
やがて妻も愛人も離れ、ホールドがひとつもなくなってしまう。
それ以上登れなくなった時に助けてくれるのは・・・?というお話。


ミュージカルシーンは主人公の妄想や美化された想い出を表現していて、全ての女性に見せ場が用意されているのも面白い構成。
ジュディ・デンチまでが胸元を強調した衣装で登場するが、子供の頃には年上の女性が素敵に見えるものだ。
なんかわかるなぁ。




スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。