スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アバター
アバター
★★★★


悪いひとたち


「悪いひとたちがやって来て みんなを殺した 理由なんて簡単さ そこに弱いひとたちがいたから」
ブランキー・ジェット・シティの「悪いひとたち」の歌詞を思い出した。

この作品のテーマは、人類が昔から繰り返し行ってきた侵略、それへの批判である。
アメリカ人がネイティブアメリカンに対して、日本人がアジア諸国に対して行ってきた虐殺の歴史。
愚かな人類は別の惑星の生物に対しても同じことを繰り返している。
まさに歌に歌われている通り。
「つけが回ってくるぜ でもやめられる訳なんてないさ」

パンドラに住むナヴィは、このテーマを効果的に伝えるためにとてもうまくデザインされている。
パッと見では好感を持てないような、イビツな顔立ちに青い皮膚。人間の1.5倍の背丈と身体能力の高さは、恐怖を抱かせる。
映画の序盤では、この生物が言うことを聞かないなら攻撃もやむなしという人類側の立場に観客を置き、物語が進むに連れて徐々にナヴィに感情移入させていくという流れになっている。

『ダンス・ウィズ・ウルブズ』などでも描かれていた題材だが、この作品が面白いのは、ナヴィを率いる主人公はあくまでも仮の体であり、実際の肉体は、敵である人類の施設内にあるという所だ。
自分の体と、アバターへのリンク装置を握っている相手に対して、いかにして反乱を起こすか、というのが見所になっている。


ジェームズ・キャメロンと言えば日本の漫画やアニメ好きで有名だ。
過去にも「寄生獣」や「銃夢」の版権を取ったことで騒がれている(「寄生獣」の版権を押さえたのはT-1000を訴えられない為だと言われているが)。
本作には、『もののけ姫』、『風の谷のナウシカ』、『天空の城ラピュタ』の宮崎駿作品や、『エヴァンゲリオン』などからの影響が見える。
日本の作品がジェームズ・キャメロンほどの監督に影響を与えているのは嬉しい反面、ここまで露骨だとちょっと複雑な気分だ。

とは言っても、そこにミリタリーオタクの要素も加わって、見たことのない戦闘シーンを作り上げたのはスゴイ。
パワードスーツもカッコイイ!『エイリアン2』のパワーローダーからここまで進化したか、と感慨深い。
それらの兵器も、段々と憎たらしく見えてくる所がまた、この映画の面白さでもあるんだよな。




スポンサーサイト

テーマ:アバター - ジャンル:映画

copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。