スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
2012
★★★


まぁ、ヤ~ね


『ターミネーター4』、『コンスタンティン』、『グリーンマイル』。
これらの共通点は何だろうか。
主人公の名前がそれぞれ「ジョン・コナー」、「ジョン・コンスタンティン」、「ジョン・コーフィ」と、イニシャル「JC」。
つまり、イエス・キリストと同じなのである。

キリスト教色の強い題材には、しばしばこのイニシャルが登場する。
『ノウイング』は父がジョン、息子がケイレブで、二人合わせて「JC」だった。
『2012』の主人公もジャクソン・カーティス、「JC」だ。
それに加えて息子の名前がノアである。

しかし、本作の場合は、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂やリオデジャネイロのキリスト像が崩壊したりと、宗教に対して否定的な描き方をしている。
主人公も救世主としての役割は担っておらず(元妻や子供たちとユーリの息子らは救ったが)、むしろいなかった方が、最後の船のゲートが閉まらないというトラブルもなかったんじゃないかとさえ思われる。

主人公家族の描き方は疑問で、元妻の再婚相手であるゴードンが死んだおかげで、元の家族に戻れて良かったという顔をされても気持ち悪い。
この出来事の中で、元妻が主人公のことを見直す過程が必要だったのだろうが、そこが描けていない。父に反発していた息子の気持ちも解決されていない。

映像的には、前半の脱出劇が笑っちゃうぐらいに間一髪過ぎてアドレナリン出っ放しだった。
あれだけで十分楽しませてもらいました。


ジョン・キューザックはこの映画の主演に決まった経緯について、「監督から電話がかかってきて、映画に出て欲しいと言われただけ」と話している。
そりゃそうだ、監督には彼しか考えられなかっただろう。
だってジョン・キューザックも「JC」だから。

あ、ジャッキー・チェンでもよかったか。




スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。