スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イングロリアス・バスターズ
イングロリアス・バスターズ
★★★★


面白さタランやつは、バスターズに頭の皮を剥がされてしまえ!!


『キル・ビル』の時も思ったけど、最近のタランティーノは編集が粗い。
今回は後ろへ行くに連れてだんだん粗くなっていく。

恐らく、まず最初に「あんなシーン撮りたい」、「こんなシーン撮りたい」という所から映画を組み立てているんじゃないだろうか。
それぞれのシーンを撮るのは抜群に上手いのだが、それらを組み合わせていくのがヘタクソだ。

要するに後半に行くほどシーンの数が増え、ブツ切りの編集が増えてくる。音楽が絡むとさらに顕著。
物語のテンションは上がっているはずなのに、観ているこちらは時々腕を掴んで引き戻されるような感覚を覚える。


とは言っても、この作品の精神は大好きだ。
ナチに家族を殺されたユダヤ人少女の復讐に重ねて、映画をプロパガンダの道具として利用してきたナチが文字通り映画に復讐される様を描く。
しかも、少女が殺された後で、その意志を引き継ぐようにフィルムが燃え上がり、ナチ共を焼き尽すのだから。
映写機の映像が煙に投影されるという、あたかも少女の執念が襲いかかるような演出がスゴい。

そして、やはりタランティーノは会話劇が巧い。
この人はアクション監督ではなくドラマ監督だと、僕は思っている。
今回は何度か出てくる、バレるかバレないかの緊張感を孕んだシーンがたまらない。

特に第1章は完璧だ。
舞台となるのは一軒の家のみ。
ランダ大佐とフランス親父の会話劇が、尋常ではない緊張感で展開する。
匿っているユダヤ人がいつバレるか知れないサスペンス。
ユダヤ人の存在を、観客に明かすタイミングも絶妙だ。
アメリカ映画では外国人もみんな英語で話すという可笑しさをギャグにしつつ、物語にもうまく活かしている。
この章だけでも観る価値あり。

その他にも、レストランでのランダ大佐とショシャナのやりとり、そして、イギリス軍の中尉達がナチの将校と鉢合わせてしまう酒場の場面もスゴイ。


最後に。
イーライ・ロスはタランティーノと遊んでばかりいないで新作を撮るように。




スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。