スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完全なる報復
完全なる報復
★★


Tボーンステーキは凶器


刑務所の中から遠隔操作で復讐を続ける主人公。
しかしその実態は、あまりにも草の根的な現場作業だった。

もう少し頭脳的なトリックを期待したのだが・・・。
女性検事の葬式での襲撃も、主人公が現場に駆け付けていたのかと想像すると、なんだか笑いが込み上げてくる。
同時に、あのミニチュア戦車のようなマシンは、普通なら逮捕された時に押収されてるハズ・・・と、ご都合主義な所も気になってくる。


主人公の復讐の原動力となるのは殺された家族への想いだが、事件前の家族との関係が描けていないので、そこがイマイチ伝わらない。
似たような題材の『96時間』は、事件が起こるまでの短い時間で、家族の関係から主人公のキャラクターまで巧みに描いていたことを改めて思い出す。

また、報復モノでは『親切なクムジャさん』という傑作があるので、生半可なクオリティでの新規参入は難しい。


クライマックスは偶然にも『告白』と同じ展開だった。
ここはひとつ、ジェイミー・フォックスに「どっかーーん!」と言って欲しかった。




スポンサーサイト

テーマ:サスペンス映画 - ジャンル:映画

クレイジーズ
クレイジーズ



ホラーじゃない


ビックリ箱を観たいんじゃない、ホラーを観たいんだ。
この監督は「わっ!」と脅かすのがホラーだと勘違いしてるんじゃないのか?そう言いたくなる程に繰り返されるビックリ演出に辟易する。
しかも、何度同じパターンを使うんだ?


まず、肝心な感染の恐怖が描かれていない。
飲み水から感染すると言いつつ、それに関連した描写が一切無い。
感染者からうつるという設定があるのか無いのかも曖昧なため、ただ狂人から逃げる恐怖でしかない。

軍による有無を言わさぬ抹殺も、もうひとつの恐怖になるはずだ。
しかし、軍の制圧下にあるにも関わらず感染者が生き残っているということは、軍の掃討作戦は穴だらけだということになり、なんだか矛盾が起きている。

さらに、人工衛星に監視されているような演出が入るがストーリーには活かされておらず、そもそも監視されているなら主人公達の逃避行動は全く無意味だったわけで・・・何ともかんとも。


川の中に飛行機が沈んでいるのを発見するシーンは良かったし、携帯やネットから遮断されていくのがリアルで期待値が上がったのだが、それ以降が続かなかったな。

恐怖とはなんたるかをもっと勉強すべし。




テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

借りぐらしのアリエッティ
借りぐらしのアリエッティ
★★★


逆キング・コング


お手伝いさんハルの行動は、珍しい生き物を見つけた時の人間の典型的な「驚き、好奇心、イタズラ心」などを反映したものである。
業者を呼んで捕獲しようとしたことから、金になりそうだとも考えたかもしれない。

稀少種を絶滅の危機に追い込むのは、そんな人間の身勝手な行動なのである。
しかしそこには、端から絶滅させてやろうという程の悪意はない。
そこがまたやっかいで、単純に片付かない問題でもある。


アリエッティと少年のほのかに恋愛感情を交えた関係は、言わば「逆キング・コング」だ。
『キング・コング』では小さな女性が大きなコングを守るために戦ったが、本作では大きな少年が小さなアリエッティを守るために戦う。


たった一軒の家を舞台にした小咄的な作品ながら、描くテーマは普遍的で奥深い。


気になったのは、アリエッティが父親と「借り」に出掛ける場面。
初めて人間の住む世界に出てきたような演出だったが、それまでも自由に出入りしていたため、イマイチ盛り上がらない。
最初の、アリエッティが庭に出ているシーンは余計だったと思う。




テーマ:借りぐらしのアリエッティ - ジャンル:映画

告白
告白
★★★★★


今日はみなさんにイジメをしてもらいます


娘を殺された女教師の、他人の心理を巧みに操る復讐劇。
犯人である生徒のトラウマを利用するだけでなく、クラスの生徒全員と後任教師を自分のコマにしてしまうのがスゴい。

犯人ABと母親、犯罪者に憧れる少女、相手が見えてない熱血教師と、登場人物はその性格にブレがなく、驚くほどステレオタイプ。
そのおかげで主人公教師のとことんまで追い詰める復讐も、嫌悪感よりも爽快感が上回る。

こんなにエグい作品がヒットしたのは、学級崩壊や少年法を盾にした犯罪、そこまで行かずとも、不真面目な子供の態度やオカシな親にイラっときている大人が多い証拠だ。
その気になればお前らなんか潰すのワケないよ、という大人からの決意表明。
でもムキになるのは大人気ないから平静を装うよ、というせめてもの意地。


一分の隙もない構成力が見事で、特に序盤の教師の告白パートは、細切れになった生徒の雑談などが混ぜこまれ、音響デザインの効果もあり、流れに飲み込まれるような迫力がある。




テーマ:『告白』 - ジャンル:映画

グリーン・ゾーン
グリーン・ゾーン
★★


「好きなゲームは?」→アメリカ兵「RPG!!」


ドキュメンタリータッチのリアルなアクション映画や戦争映画が珍しいことではなくなった今、それだけを売りにするのは難しい。
よく撮れてはいるが既視感アリアリの映像で、近年の傑作『ハート・ロッカー』や『キングダム/見えざる敵』と比べると光るものがない。

大量破壊兵器の存在の真偽を話の根幹に持ってくるのは面白いが、終盤は筋を追うのにいっぱいいっぱいな感じ。
ミラーがネット検索で真相を知る場面も、モニターの文字をただ観客に読ませるのは演出としてつまらない。
最後の戦闘は暗過ぎてよくわからないし、もっと映画としての魅せ所が欲しい。


『ふたりにクギづけ』でシャム双生児を演じたマット・デイモンとグレッグ・キニアが敵対する役を演じているのは微笑ましい。




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。