スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リミットレス
リミットレス
★★★★★


ドラえもん、頭の良くなる薬出して!


人間の脳のポテンシャルを100%引き出すことが出来る薬を手に入れた主人公。
うだつの上がらない作家が巻き込まれる騒動を描いた、すこしふしぎ(SF)なサクセス・ファンタジー。


薬を飲んだからといって必ずしも上手くいく訳ではなく、主人公の元妻のように廃人になるケースもある。

要はその人の本質が重要だ。
ドーピングしても本来の人間性を無視して素晴らしい人間になることなど出来ないのだ。
これは『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』と同じテーマであり、私が両作品に惹かれる部分でもある。
薬を分析させて量産し、脅威となる人物をうまくかわして成功していく主人公は、元々クレバーさを備えていたのだ。

主人公以外にも薬を利用している権力者が登場し、世の中の成功者は皆この薬を使っているのかも…とほのめかしていく展開も面白い。


映像の素晴らしさも特筆ものだ。
オープニングにも登場する、延々と続くスクロールは薬が回ってきた表現として秀逸。
観ているこちらもクラクラする程だ。

そして第三者目線で主人公を見ると、表情がキリッとするだけでなく髪や肌が小綺麗になって、画面が明るく、彩度も高くなる。
この演出がまた気持ちいい。


ジャイアンキャラ的なヤクザのコミカルな味付けも効いている。




スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。