スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モンスターズ/地球外生命体
モンスターズ/地球外生命体
★★★★★


人間のエゴとロマンチシズム


今度はいつ自分が襲われるかわからない状況にありつつも、ここでの生活があるから仕事があるからと街を離れられず、ガスマスクを常備してモンスター出現予報を気にしながらの共存を余儀なくされる人々。

この状況がまさに原発事故後の我々の生活とダブることにまず驚く。
それだけリアルだということだ。


この映画のスゴい所は、モンスターそのものではなく、人々の生活や背景を緻密に丹念に積み上げていくことで世界観を構築していく、低予算を逆手に取ったその演出スタイル。

そして、例えば、“いい写真”を撮るために子どもにガスマスクを被ることを要求するジャーナリスト。
米軍の爆撃による二次被害に怒りの声をあげる地元民達。
これら、内政干渉やテロ報復戦争などの現場で、現実に起こり得る描写を盛り込むことで、リアリティのある世界を造り上げている。
同時にそれらに対する批判もチクリと加える。


さらに、モンスターの生態が明らかになるに連れ、炙り出される人間のエゴ。
この生物達は街を襲っていたのではなく繁殖の為に上陸していた。
お互いに愛し合う姿は人間や他の地球上の生物となんら変わらない。

ラスト、これまで人間がモンスターの愛を引き裂いていたように人間達の愛もまた引き裂かれ得る、そう暗示しつつ、大きな余韻を残して映画は終わる。

『28日後…』がその後のゾンビ映画に影響を与えたように、本作もまた今後のモンスター映画の流れに影響を与えるだろう。
それ程にエポックメイキングな作品である。




スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。