スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
まじめにふざける映画批評。基本的にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪人
悪人
★★★★


Just to tell you once again, Who's bad...


金髪で肉体労働者、車が趣味で出会い系をやっている男が殺人を犯した。
表面だけ見れば、この男は「悪人」だと思うのが普通の感覚である。
しかし、うわべと本質は必ずしも一致しない。
この物語で真に罰せられるべき者は他にいる。
殺人という行為は罰することができても、悪意は罰することができないのが現実だ。

この映画には悪意を持った様々な人物が登場するが、彼らは普通に生活している。
悪徳販売業者だってのうのうと生きている。
なぜなら法に触れていないから。
法に触れる行為を行った者だけが罰せられる。
例えそこに悪意がなくても。

この矛盾に対して、主人公には逃げるしか術がなかった。
そんな主人公に出会った光代は、彼と行動を共にすることで、閉ざされた日常から抜け出せると信じた。
彼女は主人公の中の善なる心を理解していた。
そんな二人の出口のない逃避行。
これは「ナチュラル・ボーン・善人」による『ナチュラル・ボーン・キラーズ』である。




スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

copyright © 2017 スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。